「genetics」 | leopard-gecko Den, by DomusKom

「genetics」

————

1– 変異と遺伝

変異variation:同一の形質について多数の個体を観察すると、個体により少しずつ違いがあることがある。 この違いを、変異という。

量的変異quantitative variation:数量的な差異がある、変異。

質的変異qualitative variation:質的な差異がある、変異。

例えば・・・

量的異変異:

ニワトリ、年間300個以上卵を産むニワトリと150程度のニワトリがいたとする・・・。

質的変異: 

ウマ、青毛(全身黒色)、栗毛(褐色)、など。

変異がもたらされる原因として、遺伝的なものと、環境的なものとがある。

遺伝変異genetic variation:遺伝的要因による変異。

環境変異environmental variation:環境による変異。

一概には言えないが・・・

量的変異は、一般に遺伝的要因と環境的要因の両者の支配を受けている・・ことが多い。

質的変異は、遺伝的要因のみによる支配・・・が多い。

——–

遺伝子の変異を、突然変異=mutation,と呼ぶ。

自然界における突然変異率は、10のマイナス5乗から6乗程度(細胞当たり、分裂あたり)。

突然変異を持った個体を突然変異体=mutant,とよぶ。

2–メンデルMendelの法則

1866年、エンドウによる、実験で発見された。

(ことになっている。1900年、再発見。しかし、メンデルは、実験開始前に、法則の骨子となる「作業仮説」を 持って実験結果 を解釈したことは・・既にかなり確実となっている・・。)

基本原理は、形質の遺伝は粒子状の遺伝因子により決定され、これらの因子は対になっていて、配偶子(=精子と卵子)形成時には分離し、 どちらか一方のみが次世代に伝えられると言うこと。この遺伝因子は、染色体(chromosome,クロモソーム) に存在し、遺伝子(gene) と呼ばれる。遺伝子の存在する染色体上の位置を遺伝子座(locus) という。各遺伝子座における遺伝子構成は遺伝子型(genotype)と呼ばれ、遺伝子型に基づいて発現した形質を表現型 (phenotype)と言う。

優性・劣性の法則:

豹紋柄を持った野生型ヒョウモントカゲモドキを、リューシスティック(Murphy’s Patternless)・ヒョウモントカゲモドキと交雑すると、その雑種第一代(通常F1で表す)は、豹紋柄を持った個体が産まれる。このように対立形 質を持った個体を交雑したとき、F1には一方の形質のみが現れる。このF1に現れる形質を優性(dominant)といい、現れない方を劣性 (recessive)という。===この時点では、dominantの意味は[顕れる性質]であり、日本語の優(すぐ)れている意味はない ので注意。recessiveも英語では日本語の持つニュアンスほど劣(おと)るの意味は、元々はない。====

分離の法則:

F1個体同士を交配して雑種第2代(F2)を作ると、F2にはF1で出現しなかった劣性形質が再び現れる。F2で は、優性形質:劣性形 質が、統計的に3:1の比で分離する。

独立の法則:

2対以上の対立形質が存在するとき、各対の対立遺伝子が他の対とは独立に遺伝するということである。その意味は、 それぞれが、別 の染色体上に存在する対立遺伝子であるということである。 —同じ染色体に存在する遺伝子座ってけっこうあるから、欧米では、「独立の法則」って、ほと んど、教えられない。 —

ヒョウモントカゲモドキのアルビノ変異とリューシスティック変異が、独立であるかどうか・・・・未だ知られていないと思う。


遺伝子gene

物質的実体は、DNA=Deoxyribonucleic acid=デオキシリボ核酸=リボース+塩基(アデニン、チミン、グアニン、シトシン)+リン酸エステル結合。

遺伝子DNAは、全てRNAに転写される。

RNAは、修飾などを受けて・・・tRNA、rRNA、mRNA、などになる。

tRNA, rRNA, などは、そのまま使われる。

そして、mRNAのみアミノ酸の重合体=タンパク質に変換されて、新たな機能を発揮する。

mRNAの塩基部分の並びが、アミノ酸(=タンパク質の構成成分)に対応する。 例えば、アデニン-チミン-グアニン、と並ぶと、メチオニンに対応する。 例えば、チミン-チミン-チミン、と並ぶと、フェニルアラニンに対応する、など。

この、塩基の並びが、アミノ酸に対応する、対応表をコード表と呼ぶ。ごく一部の例外を除いてこの対応は、ヒトから 細菌まで、全て同一で、ユニバーサルコード(表)と呼んでいる。この事実は、地球上の生き物は、極めて少数(もっというと・・ただ1つ?)の生命体から由 来していることを・・示唆していると考えられている。また、この事実に基づき、遺伝子DNAを他生物に移し替えた「組換え生物」が生成できる わけである。

突然変異は、遺伝子の塩基部分の変化や、DNAの構成成分=dNTPの重合物、が欠落することなどによって起こる。

====(to be continued)——-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする